不思議体験 「夢」③

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

前回からの続きです。

http://at-pom.jp/spiritual-sabian-2

 

私の誕生日、2月8日のサビアン、

みずがめ座20度は、

「見えない世界からの伝言を運ぶ」。

 

私は、夢に現れたチビから

「このことを糧に生きて」という

あたたかなメッセージを受け取っていたことを

思い出しました。

 

チビにもらったもの。

それは、たくさんの楽しい思い出。

当たり前のくらし、当たり前だと思っている生の、

かけがえのなさに気づくこと。

 

私は自分の夢見のもたらす

負だけではない側面に気づき、

「個人にも社会的にも役立つメッセージの担い手である」

という、サビアンの内容を素直に受け入れました。

 

サビアンは、占星術のなかでは異質のものです。

興味のある方は参考にしてみて下さい。

http://nut.sakura.ne.jp/wheel/sabian.html

私の持っている本では切り上げ計算なので、

太陽は水瓶座20度ですが、正確に計算すると19度台になります。

前後1度ずつを見比べて、こういう流れの中の影響を受けているんだ、

と解釈すると、分かりやすいかもしれません。

 

占星術ではいろいろな情報を

多角多面的に読んでいきます。

ここでは省略しますが、

第六感を表すポイントは他にもたくさんあり、

私のみずがめ座20度は、ごく断片的な情報です。

 

でも、第六感に関して

今まであまり人にも言えず独りでもがいていた私は、

古代からの叡智である

占星術にそれが表れていることに、驚きました。

 

同時に、時空を超えて

とても大きなものの中に

自分がいるのだということを感じられ、

生を別の視点からとらえられるようになったのです。

 

その後、チビとは夢の中で再会しました。

「時間の窓」という名前が付いている窓があり、

光がサンサンと降り注いでいているその窓越しに、

私とチビが大喜びで抱擁しあう、という

幸せで明るい夢でした。

 

 

生と死は、この世でははっきりとしたルールがあり、

基本的に交流はできないことになっています。

それがあるから学べること、

感じられることがたくさんあります。

 

人の力ではどうにもならないこともあれば、

変えられるものもある。

生きていても、肉体が無くなっても、

人は一人ではなくて、皆つながっていて

人との縁も何かしら意味のあるもの。

 

そう思うことで、

生老病死が慰められ、

今ここの瞬間をよりよく生きることに

意識を向けることができる。

と考えています。

 

チビはそれきり私の夢には出てきていません。

私の中には不思議なくらい、

悲しい感情はありません。

探すと出てくるのは、

「ありがとう」の気持ちだけです。

 

さて、その後の私はというと、

予知夢は日常的に見ますが、

事件事故の類はあまり見なくなりました。

 

たまに、未来の地球かな?と思わせるような

見たことのない社会システムや風景を見ることがありますが、

こちらはただの空想かもしれません。

また時機が来たら、記事にしたいと思います。

 

メッセージ性の高いものは、夢からだけでなく

覚醒時にも受け取ることが増えてきたようです。

 

社会にどうやって役立てるのか?

と真剣に考えたこともありましたが、

今はそんなに気負っていません。

 

自分が感じたことを

人との関わりの中で

必要だと思えばお伝えすることはあります。

 

人はみんな、自分の感覚で感じたこと

体験したことをもとに

人生観が出来上がっていきます。

その表現方法も

人の数だけあるのだと思います。

わたしのこの体験も、その一つだと思っています。

 

大変長文になってしまいました。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

 

 

不思議体験「夢」②

 

いつもブログをご覧下さりありがとうございます。

前回のブログ
http://at-pom.jp/spiritual-sabian
の続きです。

 

私のきょうだいは皆、ネコが好きでした。

実家ではこの時、

私と兄がそれぞれ拾ってきた2匹のネコを飼っていました。

 

思春期をこじらせ、家族に対し感情を閉ざしたまま大人になった私は、

ネコたちにはいつも元気をもらい、

こころを慰められていました。

 

そんな私たちも20代になり、

兄は仕事で県外へ、

私と妹はそれぞれの交友関係が忙しくなり

実家が窮屈だからと

それぞれ一人暮らしを始めました。

 

実家を出て1ヶ月ほど経ったある日、

出勤前に、母から電話が入りました。

若い方の猫、こてつ(私はチビちゃんと呼んでいた)の呼吸が荒く、

様子がおかしいので 病院に連れていくとのことです。

 

チビはまだ若く、元気なネコでした。

とても嫌な予感がしました。

仕事を終えるとすぐに、

チビが治療を受けている病院に向かいました。

病院につくと獣医さんに、

おそらく外で毒入りの餌を食べてしまい、

致死的な状態であること、

もう手の施しようがない、

ことを告げられました。

 

チビは目を開けることもできず横たわっていましたが、

私が来たことがわかると、頭を上げて懐に入ろうとしました。

これが現実であることが耐え難く、泣きながら、

苦しがるチビを実家に連れて帰りました。

 

車の中でチビを抱き

後悔と悲しみが押し寄せました。

 

自分のことばかり考えて、

大好きなネコたちを置いて実家を出たこと。

かけがえのない大切な存在が

失われようとしていること。

 

妹も実家に駆けつけて、皆でチビを囲みました。

家族皆が泣いている姿に、

心臓がえぐられるような感覚を持ちました。

 

当たり前だと思って大切にしていなかったものの大きさに

この時になって気づきました。

 

チビの事故によって家族がまた集まり、

一体となって祈り、看病しました。

 

毎日、注射をしてもらいに病院に通い、

もしかしたら奇跡が起きるのではないかと

望みを捨てませんでした。

 

5日目、

夜勤に向かう前に仮眠をとっていた私は、

こんな夢を見ました。

 

食事をしようと土鍋を開けると、

鯛めしのように、

チビがそのままの姿で料理になっていました。

全くグロテスクでも悲しくもなくて、

何でチビがこうなってるんだろう?

と思いながらも、

「これは、私の食すものだ」

と感じてました。

 

同時に、チビからメッセージがきました。

「これを糧に、モモちゃんは生きて」。

 

目を覚ますと、

チビは変わらず眠っていたのでホッとしました。

夢の意味は内心分かっていましたが、

追求するこころの余裕はありませんでした。

 

この夜勤が明けたら3連休だから、

しっかり看病しよう。

自分を奮い立たせて出勤しました。

 

夜勤から戻ると、

チビの容態は一変しており、

死がもうすぐそこに迫っていることがわかりました。

チビは家族に見守られながら

翌朝息を引き取りました。

遠方の兄にも電話で知らせ、

皆それぞれのなかのチビ(こてつ)と

お別れをしました。

 

 

私は3連休はずっと泣いて過ごしました。

後悔の念、

苦しんだ長い時間が可哀相であったこと、

でももうその中にはいないという安堵感、

あの愛らしい姿かたちがもう、この世にないという悲しみ、喪失感。

色んな思いが溢れました。

 

それだけでなく、

この1週間の、家族の愛情につつまれた祈りの日々を思うと、

涙がとまりませんでした。

 

ふと気になり、

以前書いていた予知夢メモを見てみました。

すると、1年ほど前に

今回のことを表すかのような記録がありました。

 

それは、ネコではない他の生きものの姿でしたが、

私の手の中で息を引き取る、

苦しく切ない臨終の記録でした。

 

なぜか夢の中で肺が透けて見え、

それはボロボロの肺でした。

亡くしたチビの死因となった、食べてはならない餌は

肺毒性があると獣医さんに言われていました。

 

「ボロボロの肺は、チビの肺」。

「私は、予知はしていたが、結びつかなかった。救えなかった。」

チビを失った悲しみにさらに、

重苦しい感情が重なってきました。

もう夢の記録はしないことにしました。

 

それからしばらく経っても、

悲しみは薄れませんでした。

そんなある時、

本屋で精神世界のコーナーに立ち寄りました。

ふと手にした

「サビアン占星術」という本のページを捲ってみました。

 

占星術の本は他にも持っていましたが、

これは少し変わっていて、

12星座各30度計360個、それぞれの度数のシンボルが

詩的な表現で書いてありました。

 

自分の誕生日、2月8日はみずがめ座20度でした。

そこには、

「伝言を運ぶ大きな白い犬」

とありました。

 

内容は、

「霊的な意識の発達。なかには夢で霊的啓示を受ける人もいる。
個人に役立つメッセージにとどまらず、集合的に役立つ啓示を受け取る。
自然界からもたらされる直観ではなく、
むしろ”見えない政府”といわれる神秘的な世界から、メッセージを受け取る特殊な能力。
きわめてマクロな視野で、集合社会的な状況に対する解答を得るということが多い。」

というものでした。

 

「自分のこの感覚は、生まれながらに決まってたんだ!」

私は衝撃を受けました。

自分のこの感覚が、役立てる方法があるかもしれない。

 

いや、これまでも、たくさんの気づきを与えてもらっていたのではないか。

私はそう思い、チビとのことを思い出しました。。。

 

みずがめ座20度は「見えない世界からの伝言を運ぶ」。

 

ようやく誕生日のところまでたどり着きました。

長くなったので、続きはまた次回にします。

 

 

 

 

不思議体験 「夢」①

 

いつもブログをご覧下さりありがとうございます。

前回、誕生日の記事を書き、

皆さまからたくさんのお祝いのメッセージをいただき、

嬉しく感激しております。

 

そこで誕生日にまつわる、

あることを思い出したので書いてみます。

長くなるのと、スピリチュアルな内容なので、

ご興味のある方のみご覧ください。

 

2月8日生まれの私。

私は、子どものころから

いわゆる第六感が強い方でした。

 

具体的な例で言うと、

頭のなかに急に流れてきたメロディーを、

数秒以内に近くにいる兄妹や友人が

口ずさむことがよくありました。

(これはよく聞くので、体験した方も多いかもしれません。)

 

またあるとき、

立っていて急に足の付け根に痛みがはしり、

その場にうずくまりました。

その痛みはすぐに消えたのですが、

帰宅すると、

離れたところに住む祖母が

ちょうどその時刻ごろに受傷し、

大腿骨頸部骨折で入院したと知らされました。

 

このように、

自分以外の人の意識や、身に起こった出来事を

キャッチしやすい性質のようでした。

 

中でも一番際立っていたのは、

眠っているときに見る「夢」でした。

 

見る夢の大半が、

メッセージを含んだものか

予知的なものだったのです。

 

メッセージ性のあるものは、

知った人が出てきて何かを伝える、

というものから、

自分に気づきを促すような内容でした。

 

予知夢は、

身の回りで起こる他愛もないことから、

新聞やテレビのニュースになるような事件事故や災害など、

さまざまでした。

 

私は特に、この予知夢に悩みました。

家族に話すと、

「気のせい」とか「こじ付けている」、と言われ、

現実をしっかり生きるように言われていました。

明らかに予知夢であるときも

あまり触れないようにされていた覚えがあります。

 

今考えると、

自分たちが認識できないことに対し、

「危険」と感じ、

子どもの私をその世界から遠ざけたかったのかもしれません。

 

でも、私はそんなことは分からず、

「自分はおかしいのではないか」

「こういうことを感じる自分は、認めてもらえないのだ」

と、受け取り、

自己価値の低下が助長されていきました。

 

第六感があるというと、

その感覚を自慢しているように受け取られることもありますが、

決してそんなことはありません。

引き換えかどうか、

私は視力が弱く、音感も良くなくてオンチです(笑)

 

それに、一般的に音感に優れた人、味覚が繊細な人など、

五感が発達した人がそれをアピールしても

好ましい印象に捉えられるので、

私はそれが羨ましかったです。

 

私のそれはというと、

「気持ち悪い」

「見透かされそうで怖い」

「嘘なのでは」

などと言われることもあり、傷つきました。

 

 

だからあまり人に話さないようにしており、

説明するときは、

「みんなが持ってる感覚、虫の知らせが強い性質」

と言っていました。

 

友人の中には、別の出方で同様の感覚が強い人や、

面白がってくれる人、

親戚の中に同じような人がいるからわかるよ、と言って

相談に乗ってくれる人もいたので救われました。

 

成人後もそれは続き

ハッピーなことでは、

友人の結婚や妊娠がいち早く夢に現れました。

 

事件事故、災害の夢も相変わらず出てきました。

さらに勤務先が病院だったので、

翌日起こる患者さんの急変や、

緊急搬送されてきた患者さんの

具体的な外傷の状態まで見ることもありました。

 

喜び事は夢の雰囲気があたたかく気持ちよく、

自分が経験したことのない、当人の感情が入ってきて、

幸せな気分を味わえました。

しかし、後者はとても消耗しました。

 

あらかじめ情報をキャッチしたからといって、

事件事故で被害にあった方を救える何かができるわけでなく、

患者さんの急変は避けられません。

そんな体験を繰り返し、

何もできない自分に無力感を感じ、

なぜこのような夢を見させられているのか?と、

疑問に思っていました。

 

予知夢は、

明らかに他と異なる雰囲気を持っています。

私の場合、2つパターンがあり、

当事者の側で臨場感をそのまま感じているパターンと、

自分は参加せず、その様子を上の方から見ている、

というパターンがありました。

起きると夢を忘れていることもありましたが、

覚えている時は

それでも何か、事前に対処できることがあるのではないか、と考え

その内容をメモしている時期もありました。

 

あるとき、

愛していた猫が

わずか1週間の闘病の末、逝ってしまうという

耐え難い事故に見舞われました。

このときの出来事で、私の夢との付き合い方に

新たな気づきが生まれます。

 

まだ誕生日のことに全く触れていませんが、

長くなるので、今日はここで一旦終えます。

続きも読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

2月のリボン

 

いつもブログをご覧下さりありがとうございます。

 

今年は特別に寒い日々が続きますが、

みなさまいかがお過ごしですか?

 

実はわたくし、

昨日2月8日に誕生日を迎え

43歳になりました😉

年齢だけでなく😁

中身も円熟に向かえるよう、

日々少しずつでも成長していきたいです。

 

夕方

ケーキを買いに向かっていると娘が、

「わたしがかざりつけする!」

と言い出し、

予定変更に😅

 

急きょ材料を購入(←もちろんスポンジも)。

自宅に帰り

あちこちベトベトにしながら完成😄✨

 

 

美味しくいただきました😊💕

 

夫からお花とプレゼント、

夫と娘からそれぞれ

メッセージカードをもらいました。

照れました、笑、が

嬉しかったです🎵

 

                                                    西観音 PELEさんのアレンジメント

http://www.pele-pf.com/

 

心機一転、

新たな気持ちで

新しいことにも取り組んでいきたいです。

 

そこで、

口コミで個別にさせていただいていた

メール鑑定を、いよいよ来週から

新メニューとしてスタートいたします。

また発表させてくださいね😉✨

 

対面鑑定

60分 6,000円 (*短時間も応相談)

ご予約お問い合わせお待ちしています♪♪

連絡先:050-3748-0600 または お問い合わせフォームへ

 

 

そしてそして!

今月から

リボン🎀作家&講師マミ先生の作品、

月ごとに新しいリボンを

ご紹介することになりました😊

 

今はこちらが店頭に並んでいます。

 

 

ファー付き、2月いっぱいまでは楽しめると思います🎵

 

 

こちらのキラキラ、素敵😍✨

 

マミ先生の今月のレッスン日程はコチラ

        ↓↓

https://ameblo.jp/littlemei-ribbon/entry-12348267301.html

 

HPには、

リボンのカラー、デザインももちろん

ヘアアレンジのアイデアなどもあって、

とっても参考になりますよ😊🎀

 

オーダーもお受けしています。

実物を見にご来店いただくか、

上記のHPから、直接マミ先生までご連絡下さい。

来月はどんな作品が来るか、楽しみです💕

 

1月25日(木)リボン教室のお知らせ

 

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

今月より、リボン🎀のレッスンを再開いたします。

🎀 講師:松本 麻美 先生   https://littlemei.pink/about/

🎀 日時:1月25日(木) 10:00~12:30

🎀 場所:アトリエPOMME

🎀 レッスン代:3,500円~4,000円

🎀 定員:4名

*レッスン日以外でも、ご希望の日時がありましたらお知らせください😉

 

バレッタやヘアゴム、バナナクリップなどのヘアアクセサリーや、バッグ等、

豊富なレッスンメニューの中から決められます。

何を作るかは、自由💕

リボンのお色選びも楽しい時間です🎵

 

 

 

 

 

 

ご自分用に、プレゼント用🎁にいかがでしょうか?

 

ご参加お待ちしております😊💕

 

 

1年間お世話になりました

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

大晦日の今日、バタバタと自宅や店の掃除をしております。

 

先日、ハワイ旅行から帰ってきた、

リボン作家&講師の松本麻美ちゃん

https://littlemei.pink/が、遊びに来てくれました。

 

マミちゃんの旦那さんは、

カープ球団の方で、元選手いらっしゃいます。

そう、優勝旅行に行かれていたんですね~

羨ましい!!

 

ハワイのお土産と、

私と娘用に作って下さった

リボンを持って来てくださいました。

 

 

セドナ のパワーストーンリング♪

 

 

マミちゃん、ありがとうございました

ふたりで、来年の仕事について熱く(笑)語りました。

マミちゃんと話していると

いろいろなアイデアが出て、とても楽しいです。

来年からは当店でのレッスンも再開する予定ですので、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

そして昨日の夜は、

夫と私の友人たちが来てくれました。

当日広島入りした人たちも、

急きょの声掛けにも関わらず集まってくれて

子どもを含め総勢11名。

 

みんなと一緒に食事を準備し、

普段する家飲みを、店で、気分を変えて。

 

 

いつかここを使ってやりたいね、と言っていたのが実現。

私も憧れの女将風?を味わえました。

友人たちも久しぶりの再会で、

話も尽きませんでした。

 

皆が楽しそうにしている場に居れることが

私たちも本当にうれしくて

幸せな時間でした。

 

こういうことも、もっとしていきたいな。

 

これからは地盤を固めつつ、さらに

新しいことにも挑戦していこうと思いました。

 

 

 

今年も1年、本当にありがとうございました。

来年も、今まで以上に、

皆さまに楽しんでいただける店づくりをしていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

シジ モモコ

 

 

作品いろいろ、店のできごと

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今年ももうすぐ終わり。。。

ここ広島でも、雪がちらつく寒い日が増えました。

 

 

今週は、子ども同伴の仕事になったので、

対面での手相鑑定はキャンセルor延期していただき😅、

営業時間も半分くらい。

 

ちょうど画像鑑定の依頼が入って、

他の占術と合わせてメールでお返事。

自宅でできる仕事で助かりました。

 

店では

たまっていた、ハンドメイドの仕事をして過ごしました。

 

 

こちらは刺しゅうのユウコさん。

お道具も可愛い💕

お色はもう、春の菜の花のイメージで。

 

 

北欧ご旅行のお土産をいただきました😊

 

 

シンプルなスヌードを作りました。

2重巻で暖か。

アイボリー、ベージュ、ダークブラウンの3色あります。

写真はベージュ。

 

 

家族用、薄手のウールのスカート。

ローズピンクとあったけど、

届いたらほとんど赤でした。

 

このラメのゴムベルト、娘は気に入ってたけど

平野ノラちゃん風(笑)なのと

肌当たりがちくちくするので、迷って。

 

 

結局、子どもらしくフツーにしました。

実はどうしても作ってみたくて、自分用にあの配色でタイトスカートを作りました。

イメージ通りになって満足😆 ←はいていたらジロジロ見て下さい(笑)

 

 

ワンちゃんの首輪リニューアル第3弾。

前回のもの、長さ調節の部分を失敗してしまって😅いて、

そちらのお直しも。

 

 

そして、

オーダーをいただいていたバッグを

ようやくお渡しできました

バッグチャームは、

リボン作家のヒロミちゃんにお願いしました。

 

 

裏地も、お客さまのご要望でリボンのお色と合わせて。

近くの「きぬや」さんで購入したシャンタンです。

きれいな生地で大好き🎵

紙屋町まで出なくても、

近場に何軒か手芸屋さんがあるので助かります。

 

 

 

美人のお客さま😍

喜んでいただいて嬉しいです💞

いつもありがとうございます。

 

おかげさまで、充実の1週間となりました。

 

オーダーのご希望や

作品を作りたい方も

ぜひご相談ください♪♪

 

手相鑑定のご希望は

年内29日まで受け付けております。

お子さま連れ歓迎、

画像鑑定もご相談ください。

 

 

 

ハンドメイド 犬用首輪

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

もう師走ですね。

こちら広島でも、12月に入ると同時に

ぐっと冷え込んできました。

 

寒くなると増えるのが、

手芸のお客さま😊

寒い季節は

暖かい室内で、

こまごまとした作業をするとはかどります❤️

 

そして私のところには、

珍しいオーダーが来ました。

 

ワンちゃん🐕の首輪です。

小型犬でいらっしゃるので

革ではなく

肌当たりの優しいコットンの首輪を

愛用されていたとのこと。

 

でも、お手持ちのものがボロボロになってしまい、

そして、意外とワンちゃんに合う色柄の首輪に

巡り合えないとのことで

今回お作りすることになりました。

 

傷んだ首輪を2点お預かりし

芯のテープとプラスチックや金具の部品は再利用。

生地は店内にあるものからお好きな柄を選んでいただきました。

 

 

こちらが完成品。

オレンジやイエロー系の元気な柄がお似合いとのこと。

 

 

ちょうどワンちゃんのタグもあったので

付けてみました😊

 

喜んでいただけて、とても嬉しいです。

ご家族&ワンちゃん🐕との毎日が、より豊かなものになりますように💕

 

 

当店では、各種オーダー、

または制作の指導(1,500円/3時間まで)のご予約も承っております😄

お気軽にお問い合わせください💖

 

 

ハンドメイド作品、新作入荷しました

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

 

先日、

リボン教室の先生&作家のマミちゃんに

バッグチャームをオーダーしてみました🎵

シルバーのバッグに合わせて、

ほぼお任せで作ってもらったのが

こちら

 

ピンク×ピンクベージュの組み合わせ🎀

キラキラのパーツも沢山💖

バッグにつけるとこんな感じです。

 

ピッタリです。

うれしい♪♪マミちゃんありがとう🎵

 

新作も入荷しています。

ラッフルハンドルバッグ(キャンバス地)  各 2,500yen

 

キッズヘアゴム 2コセット 各 300yen

 

ファー付き バレッタ 各 800yen

 

オーダーにも細やかに応じてくださいます。

ネット販売もされているので、ぜひHPもチェックしてみてください🎀

https://littlemei.pink/about/

 

他にも新作いろいろ💕


ワイヤーポーチ 各 1,500yen

 


ころりんトート 3,200yen

 


ヘアゴム 各 600yen

 


豊富な色から選べるトート 2,500yen

  リボン&ぽんぽんチャーム 2,000yen  

 

いずれも、オーダー承っております♪

ご来店お待ちしております😁💕

 

 

コンプレックスであるパーツ「爪」

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

 

仕事で一緒になった、ある女性に

こんなアドバイスをいただきました。

 

「仕事上、人から見られている、という感覚を持って、
もっと外見に気を配るように。どうしたらもっと美しくなれるか、を考えて。」

 

!!

自分がこのごろ無頓着にしてきた部分だったので

「あ~!」と納得。

 

お客さまが私のどこを見てるかな?

この人に相談して大丈夫?

に加えて、

ハッピーになれるかな?

運があがるかな?

私からそれらを感じられることが

お客さまの安心につながるのでしょう。

プロとして

外見からの印象にも気を配らなくちゃ。

そう思いました。

 

これまで、

外見に対して

コンプレックスと闘いながら

人並みに

お洒落を楽しんだり

諦めたりを繰り返してきました。

 

私の容姿のコンプレックス。。。

主なものは、

 

肌質(小6からニキビ肌)
髪の生えかた(えりあし、もみあげが濃い)
鼻の形
足(O脚、コンパクト(←短い))
肩幅が広い
手と足の形

とこんな感じ。

 

他人から見ると

そんなこと気にしてたの?

っていうのもありますけど、

本人は深刻だったんです(笑)

 

今は年齢を重ねてきて

「まあいいか」と

コンプレックスを受け入れたのは

良かったけれども、

外見に対しズボラになってきていたのかもしれません。

 

自分の見せ方も仕事のうちなら、

このままじゃいけない私❗

 

ここですぐに頭に浮かんだのは、

リボン🎀の先生&作家のマミちゃんです。

お母さまがフラワーショップをされていたり、

ご自身もモデルやタレントのお仕事を

されていたこともあり

「美」に対する意識がとても高い💝

 

 

マミちゃん可愛い~~

いつもキレイにしていて

髪も上手にアレンジして

お手製のリボンアクセをあしらっています。

手元にはキラキラのネイル✨😍

2児のママの生活感が、感じられない。

 

マミちゃんのHPはコチラ
      ↓

https://ameblo.jp/littlemei-ribbon/

 

そのマミちゃんから以前聞いた話で

マミちゃんがタレントの卵で学生だった頃、

先生から、

髪の毛や指先などの末端のケア

をしていないと、

「生活感が出る」

ということを教え込まれたとのこと。

 

髪にツヤが無かったり

毛先が乱れていたり、

手元が荒れていると、

疲れた感じ
元気がない感じ
周りに気を使っていない感じ

に映る。

 

なるほど~、

感覚的に知っていた気はするけど、

はっきりパーツで言われると

分かりやすい!

私も手先、足先、髪の毛に気を使うことから

始めてみようと思いました😁

 

まずは、手。

私の手は、

「えっ、そんな手してるんだ」

と言われることの多い

ごつごつした手です。

「男のほうがキレイな手してるね」

と言われたことも。

指が短く太く、先が丸く

おまけに爪が横長で短い。

 

この手の形、手相では良い意味も多く

実際働きモノの手ですが、

女性としては

もうちょっと、すらっとした手と縦長の爪が良かったな~

とずっと思っていました。

 

以前購入したネイルケアの本があったけど、

そのまま放置。。。

 

 

今まで、

形が悪いから(やってもしょうがない)
仕事で爪が伸ばせないから(できない)
子どもが生まれたから(余裕がない)

と言って行動してこなっかった私。

行動派、

と言われることも多い私ですが

こういう部分もあるんですね😅

どこかに

コンプレックスに対する

卑屈な思いが残っていたのかもしれません。

 

まずは本にある通り、

基本的なお手入れを始めてみました。

 

爪は切らず、やすりで整える
白いところを2ミリ以上残す
甘皮の処理
爪磨き
保湿

 

              *イメージ図

 

これをするだけで、

清潔感が出ました。

 

ネイルケアをしていくと、

爪の形も変わってくるそうです

丸い爪がスッとなったら、嬉しい。

けど、

形が変わらなくてもいいかな。

お手入れしているだけで

何だか気分がいいのです。

 

そして、見た目の印象が良い気がするのは、

お手入れって、気持ちが入るからかもしれないな、

と思いました。

 

私の手、格好はイマイチだけど

もう人と比べない。

かけがえのない、私の一部だな~

としみじみ。

 

なんでも、良い気分で行うこと。

身体のケアも

おうちの掃除も

仕事も。

 

そうすると、プラスαの仕上がりになる。

分かっているつもりでいたことを

あらためて気づかされました。

 

お洒落や身だしなみは
自分を心地よくし
周りに対する配慮でもある

 

20代の頃読んだ

ファッション誌や美容本にいつも書いてあったな。

 

色んな出来事や出会いで

気づき、変わる自分。

2人の女性により

私のこころが動かされ

ようやく行動することができました。

 

末端のパーツのケア。

同じコンプレックスをお持ちの方、

この機会にいかがですか💝?