不思議体験 「夢」③

 

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

前回からの続きです。

http://at-pom.jp/spiritual-sabian-2

 

私の誕生日、2月8日のサビアン、

みずがめ座20度は、

「見えない世界からの伝言を運ぶ」。

 

私は、夢に現れたチビから

「このことを糧に生きて」という

あたたかなメッセージを受け取っていたことを

思い出しました。

 

チビにもらったもの。

それは、たくさんの楽しい思い出。

当たり前のくらし、当たり前だと思っている生の、

かけがえのなさに気づくこと。

 

私は自分の夢見のもたらす

負だけではない側面に気づき、

「個人にも社会的にも役立つメッセージの担い手である」

という、サビアンの内容を素直に受け入れました。

 

サビアンは、占星術のなかでは異質のものです。

興味のある方は参考にしてみて下さい。

http://nut.sakura.ne.jp/wheel/sabian.html

私の持っている本では切り上げ計算なので、

太陽は水瓶座20度ですが、正確に計算すると19度台になります。

前後1度ずつを見比べて、こういう流れの中の影響を受けているんだ、

と解釈すると、分かりやすいかもしれません。

 

占星術ではいろいろな情報を

多角多面的に読んでいきます。

ここでは省略しますが、

第六感を表すポイントは他にもたくさんあり、

私のみずがめ座20度は、ごく断片的な情報です。

 

でも、第六感に関して

今まであまり人にも言えず独りでもがいていた私は、

古代からの叡智である

占星術にそれが表れていることに、驚きました。

 

同時に、時空を超えて

とても大きなものの中に

自分がいるのだということを感じられ、

生を別の視点からとらえられるようになったのです。

 

その後、チビとは夢の中で再会しました。

「時間の窓」という名前が付いている窓があり、

光がサンサンと降り注いでいているその窓越しに、

私とチビが大喜びで抱擁しあう、という

幸せで明るい夢でした。

 

 

生と死は、この世でははっきりとしたルールがあり、

基本的に交流はできないことになっています。

それがあるから学べること、

感じられることがたくさんあります。

 

人の力ではどうにもならないこともあれば、

変えられるものもある。

生きていても、肉体が無くなっても、

人は一人ではなくて、皆つながっていて

人との縁も何かしら意味のあるもの。

 

そう思うことで、

生老病死が慰められ、

今ここの瞬間をよりよく生きることに

意識を向けることができる。

と考えています。

 

チビはそれきり私の夢には出てきていません。

私の中には不思議なくらい、

悲しい感情はありません。

探すと出てくるのは、

「ありがとう」の気持ちだけです。

 

さて、その後の私はというと、

予知夢は日常的に見ますが、

事件事故の類はあまり見なくなりました。

 

たまに、未来の地球かな?と思わせるような

見たことのない社会システムや風景を見ることがありますが、

こちらはただの空想かもしれません。

また時機が来たら、記事にしたいと思います。

 

メッセージ性の高いものは、夢からだけでなく

覚醒時にも受け取ることが増えてきたようです。

 

社会にどうやって役立てるのか?

と真剣に考えたこともありましたが、

今はそんなに気負っていません。

 

自分が感じたことを

人との関わりの中で

必要だと思えばお伝えすることはあります。

 

人はみんな、自分の感覚で感じたこと

体験したことをもとに

人生観が出来上がっていきます。

その表現方法も

人の数だけあるのだと思います。

わたしのこの体験も、その一つだと思っています。

 

大変長文になってしまいました。

最後まで読んでくださってありがとうございます。